病原体

クラミジア感染症は日本国内で最も感染者数の多い性感染症で、社会的な問題になっています。この病気は、クラミジア・トラコマティスと呼ばれる細菌が粘膜の感染することが原因で炎症を発症します。病原菌は人間の性器・泌尿器や喉(のど)・肺・眼球などの粘膜の細胞内に侵入して増殖を繰り返し、いろいろな症状を引き起こします。

クラミジアの症状は男女で異なるので、男女別での症状をしっかりと把握しておきましょう。

男性の場合は、クラミジア菌に感染すると最初に泌尿器の粘膜で増殖して尿道炎を発症します。尿道炎を発症すると、排尿痛や排尿時の違和感などの自覚症状が出る場合があります。尿道炎を放置すると病原菌が生殖器(精巣)に移動し、精巣上体炎を引き起こして睾丸の圧痛や発熱の症状が出ます。

女性がクラミジアに感染すると、最初に膣炎や膣の奥の子宮口で炎症(子宮頸管炎)を起こします。この段階では強い痛みなどの自覚症状は出ませんが、黄色っぽいおりものが出ることがあります。気づかずに放置し続けると、病原菌が子宮や卵管・卵巣に移動してそれぞれの場所で炎症を起こします。子宮内膜炎や卵管炎を起こすと下腹部の軽い痛みや不正出血などの症状が出ますが、この段階でも病気であることに気づかない人も少なくありません。妊婦が子宮内膜炎を発症すると流産や早産の危険がありますし、卵管炎を起こすと卵子の通り道が塞がって不妊症になる恐れがあります。

女性が性器クラミジアに感染して放置し続けると、病原菌が腹腔内に移動して肝周囲炎を起こします。腹腔内で炎症を発症すると激しい痛みと高熱の症状が出て、命を失う恐れがあります。

クラミジアの病原菌は喉(のど)の粘膜にも感染する場合があり、発症すると扁桃炎を起こします。治療をしないと長期間にわたり喉の粘膜に病原菌が残留し続けるので、風邪をひいた時などに扁桃炎を繰り返す原因になります。

クラミジア・トラコマティスは細菌の仲間なので、自力で体を構成するタンパク質を合成したり遺伝子のコピーを作成することができます。この細菌は直径が約300nmほどの球形をしており、3千個の水素原子を一列に並べた程度の極めて小さなサイズです。クラミジア菌は単独で生き続けることはできず、人や動物の粘膜の細胞内でしか増殖することができないという点ではウイルスと似ています。

病原菌は粘膜の細胞に感染することから、皮膚の表面で炎症を起こすという特徴があります。例えば眼球の粘膜に病原菌が感染すると、結膜炎を起こします。細菌の増殖ペースは非常にゆっくりしていて、約3日間の周期で細胞分裂を起こすことが知られています。病原菌が増殖を起こす周期が長いことから、感染してから発症するまでに長い時間がかかる場合があります。このため無症状の潜伏期間が長く、発症後は治療に長い時間がかかってしまいます。